RAW+JPGで保存したときに、フォルダ内でデータを拡張子別に並び替える方法(Windows10)

ミラーレスや一眼で写真を撮った際に、撮影データをRAW+JPEGの2つの拡張子で保存する場合があります。

その場合、1つの写真ごとに2種類のデータが作成されるので、同じ名前で拡張子が異なるファイルが2つずつ作成されることになります。

ただ、JPG画像のみまとめてクラウドにアップロードしたいとか、RAWデータだけ別のフォルダに移したい、なんてときにこの並びだととても不便です。

そこで、フォルダ内を拡張子別に並べ替えることで解決します。

並べ替えはかんたんに行うことができます。

まずは左上のタブを「表示」に切り替えます。

そして、「並び替え」をクリック。

ずらっと出てくるので、「種類」を選択します。これで拡張子の種類ごとに画像ファイルが並ぶようになりました!

あとは同じ拡張子ファイルをまとめて選択してアップロードするなり、フォルダに移すなりするだけです。

 

おわり