【Googleデータポータル】サーチコンソールのデータを読み込むときのサイトとURLのインプレッションの違いは?

Googleデータポータル(データスタジオ)でサーチコンソールをデータソースにしてレポートを作りたいと思ったのですが、データソースの選択画面で、「サイトのインプレッション」と「URLのインプレッション」の2つの選択肢が出てきました。

これはどちらを選択すればいいの?と自分と同じように疑問を思った方に向けて、両者の違いを書いていこうと思います。

 

サイトのインプレッション

サイトのインプレッションでは、URLのインプレッションと異なり

・Site CTR(サイトのCTR) ※CTR = Click Through Rate:サイトがクリックされた割合(インプレッション数/クリック数)

・Average Position(サイトの平均掲載順位)

といった指標を使うことができます。

ですから、クエリごとの平均掲載順位の表を作りたい、なんていう場合はサイトのインプレッションをデータソースに選ぶとよいです。

 

URLのインプレッション

一方で、URLのインプレッションでは、サイトのインプレッションと異なり

・Landing Page(入口ページ)

・URL Clicks

・URL CTR

といったURLに着目したディメンション、指標が使える点が特徴です。

ですから、グーグルで検索されたキーワードとページとの関連性を見せるような表、例えばクエリにランディングページをクロスさせたものをディメンションに、インプレッション数やクリック数を指標でみる、なんてものを作りたい場合はこのURLのインプレッションをデータソースに選択する必要があります。

 

※もし、サイトのインプレッションのデータも、URLのインプレッションのデータも両方一つの表に表示させたい、なんて時には、両方のデータソースを取り込んだうえで、「データの統合」から行うことができますよ。

 

おわり