MySQL Workbenchで.sql拡張子ファイルをインポートする方法

TECH Pjinというサイトで、SQLの問題がたくさん解ける、とのことでSQL修行でアクセスしてみました。

https://tech.pjin.jp/blog/tag/sql%E7%B7%B4%E7%BF%92%E5%95%8F%E9%A1%8C/

練習問題は全部で71問あって、みな”Worldcup 2014″というデータセットから作成された問題のようです。

自分はMySQL Workbenchを利用して学習しているので、worldcup2014のデータセットをそちらにインポートして、TECH Pjinさんの練習問題を解ける環境を整える手順を解説しようと思います。

 

STEP1:インポートしたいファイルを用意する

TECH Pjinさんのどの練習問題のページも、以下のような案内があるので、「worldcup2014.zip」をクリックしてダウンロードしておきましょう。

 

STEP2:以下の手順でインポートする

Server > Data Import を選択します。

以下のキャプチャの画面になるので、

①「Import from Self-Contained File」にチェックを入れ、右側の「…」からインポートしたいファイルを選択する。

②「new…」をクリックし、任意の名前をつけ、左側のプルダウンリストから作成したものを選択する

以上を行い、Start Importを選択してください。

STEP3:きちんとインストールされたか確認する

きちんとインポートされていれば、SCHEMASの箇所に先ほどSTEP2の②でつけた名前のものが表示されているはずです。

use worldcup2014;

select hoge  from hogehoge;

なんてクエリをたたいてみて、確認しましょう。

 

あとは練習問題を解くのみです!

 

 

おわり