キャプチャ・スクリーンショットを取るときに便利なアプリをご紹介【Snipping Tool、おにぎり】

仕事で資料作成をしているときに、しばしばキャプチャをとる作業が発生するもの。

デフォルトでは「prt sc」キーを押すことで画面全体のスクショが取れて、ペイントなどでトリミングすることで任意の面積のキャプチャをとることも可能ですが、それって面倒くさい。

というわけで、キャプチャをとるのに便利なアプリを2つ紹介しようと思います。(片方はWindowsではデフォルトで入っているものです!)

 

その1:Snipping Tool

『 snipping tool 』とwindowsのメニューを検索してみましょう。みんな入っているはずです。

起動すると以下のような画面が立ち上がります。

新規作成を押すと、画面が薄暗くなります。

このとき、マウスカーソルが十字になっているはずです。その状態で、任意の箇所を四角く切り取ることができます。

四角く切り取ると、新しく切り取った個所のウィンドウが開きます。

新しいウィンドウをクリックした状態で、Ctrl+Cでコピーすることができます。

もちろん保存することもできます。その場合は「ファイル>名前を付けて保存」を選択しましょう。

 

これで十分、という気がしないのではないのですが、しいて言うならば四角く切り取る段階までに、2ステップ踏まなければいけない(snippinng toolを起動する→新規作成を押す)のが手間です。(強いて言うなら、ですよ)

この手間も簡略化して、ツールを起動するだけ(つまり1ステップで)画面切り取り段階までいけるアプリもあります。

それが次に紹介するRapture,通称おにぎりです。

 

その2:Rapture(おにぎり)

なぜおにぎりか。

それはインストールしてみればすぐわかります。

アイコンがおにぎりなのです。かわいい。

使い方は簡単。

raoture.exeをクリックすると、マウスカーソルがおにぎりアイコンにかわります。

その状態で、SnippingTool同様好きな範囲を四角く囲ってあげれば、

こんなかんじで切り取れますので、コピーしたければCtrl+Cでもよいですし、「右クリック>編集>コピ」の操作でも行けます。

同様に「右クリック>ファイル>保存」で保存することも可能です。

保存するさいはデフォルトでは.bmp拡張子になっているので、気になる人は.pngとか.jpgにして保存しましょう。

ちなみに、マウスカーソルをおにぎりアイコンにした状態で、ドラッグして範囲指定せず、適当な場所をクリックすると、画面全体のキャプチャがとれます。

 

あと、おにぎりはタスクバーに追加しておくと便利です。

rapture.exeを右クリックして、タスクバーにピン留めする、を選択すればOKです。

見た目もかわいいし、これでいつでもキャプチャが取れますね!

 

おわり