テレビ局ってどうやって金儲けしているのかというただそれだけの話

クライアントの1つにテレビ局があり、テレビ局関連のウェブ系のお仕事を少し手伝ったのですが、その時ふとテレビ局ってどうやってお金をもらっているんだろうという疑問が思い浮かびました。

常識なのでしょうが、自分にとってはちょっとした発見だったのでここに記録しておこうと思います。

 

テレビ局は何を売っている?

 

テレビ番組の成績を測る指標として、視聴率、がすぐに思い浮かぶと思います。

ドラマとかで初回視聴率が20%超えました!とかニュースになったりしているような気がします。

ただどうして視聴率が20%を超えるといいのでしょうか。

というよりどうして多くの人に見てもらえるといいのでしょうか。

それがテレビ局の使命だからさ!なんてことも一部あるとは思うのですが、テレビ局も会社です。収益を増やすことが第一目標のはず。

ということは、多くの人に見てもらえると、それだけ金が入る、ということになります。

 

では誰からお金をもらっているのか。

それはCM会社からです。テレビ局はCM枠を売っているんですね。

視聴率が高いほど、多くの人に見てもらいやすいチャンネル、となります。

視聴率5%のテレビ局と、視聴率30%のテレビ局、どちらでCM打ちたいかって考えたらそれは後者ですよね。

となると、視聴率が高いほど、CM枠が早くさばけることになります。さらに視聴率が低いところのCM枠の値段よりも、値を高くしても売れるかもしれません。

 

こうやって儲けているようです。なるほどですね。

 

それだけではなかった!

 

といっても、テレビ局の収益モデルはCM枠を売ることだけではありません。

・・・ということを今回学びました。ウェブからもお金を得ているのです。

あるテレビ局はウェブサイトをいくつも持っています。そして、ウェブサイトの種類ごとに違ったお金の儲け方をしています。

 

①広告収入(バナー)

だいたいどのウェブサイトにも、広告バナーが貼られています。

ちょっと前にECサイトで通販をいろいろ見ていたら、関連商品がバナーでおすすめされてたりするあれです。他の人と一緒にサイトを見たら、自分が買ったものとか欲しいものとかがばれてしまうあれです。

 

あの広告がクリックされると、テレビ局にお金が入ることになります。

めちゃくちゃPVのあるサイトなので、広告を貼らせてください、なんてこともあるのかな?

 

②広告収入(動画)

広告はバナーだけではありません。

テレビ局なので、過去放送した番組などを無料でウェブサイトで配信していることもあると思います。

いざ、番組をみよう!と思ったところで流れる関係のない動画。長いのだと1分とかあります。邪魔ですよね。

あれも動画広告で立派な収益源です。バナー広告よりも単価がいいそうですよ。

 

③物販

テレビ番組の関連グッズを扱うECサイトを持っているテレビ局もあります。

そのところは、物販でもお金儲けしていますね。

 

④サブスクリプション

最後はサブスクリプションモデルでの収益です。

サブスクリブションモデルとは、利用期間に対して支払いをする形式のことです。「月額制」や「年額制」などの料金設定がこのモデルにあたります。企業としては安定した収益を見込むことができます。

https://kigyotv.jp/news/subscription/

~~オンデマンド、とかよく聞きませんか?

番組の最後とかに、見逃してしまったあなたも安心、〇〇オンデマンドに登録すればいつでも好きな時に見ることができます! というやつです。

最初の1か月とかは無料期間で、それが過ぎたら月額料金が発生します。

それもテレビ局の立派な収益源の1つです。

 

 

余談

 

というように、ウェブサイトごとに収益モデルが異なっているので、仮にアクセス解析を行う、となった場合には、収益モデルごとに適するKPIを設定しないといけません。

広告だったらPVとかインプレッション数とか。

物販だったら購入回数とか。

サブスクリプションモデルだったら有料会員数とか。

勉強になりました。

 

学びの記録おわり