【ピースボート】ボランティアで世界一周船旅が無料になると聞いて説明受けてきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピースボートという団体が提供している、世界一周旅行プランにちょっと関心を持ち、説明会に行ってきました。関心を持った理由は、ボランティアで旅行費を相当下げる(最大無料にまで!)と聞いたからです。そんなうまい話があるのか?ボランティアってどんなことをするのか?ピースボートに関心がある方に向けて、聞いてきたお話をまとめようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

1.ピースボートとは?

ピースボートは、世界一周船旅を比較的リーズナブルに提供している団体です。

ピースボート英語Peace Boat)とは、国際交流を目的として設立された日本非政府組織(NGO)、もしくは、その団体が主催している船舶旅行の名称である。設立当初はアジアをめぐるクルーズの運営を主体としていたが、1990年以降は世界各地をめぐる「地球一周の船旅」を繰り返し行っている。
wikipedia-ピースボート

リーズナブルといっても、100万円以上はします。

安いものだと、行ける範囲は少なくなるのですがこれくらいの値段のものも。

マチュピチュだったりイースター島だったり、飛行機などで行くにはかなりお金がかかるような場所もツアーに組み込まれたりしていて、わりかしお得に自分は感じます。

これらのプランがボランティアで最大無料になるそうです。びっくりですよね。でもうまい話しには裏があるはず。ボランティアとはどんなことをするのでしょうか?

2.ボランティアって何をするの?

まずはじめに、ボランティアは出航までに行うものであることを伝えておきます。自分は船上で何かボランティア活動する代わりに、ツアー費が安くなる、とかそんなのを期待していたのですが、そういったものはないそうです。

ボランティア活動には3種類あります。

2-1 ポスター貼り

一つ目が、ポスター貼りです。これは結構有名みたいですね。母親は知っていました。
居酒屋とかによく世界一周をうたったポスターが貼ってあるのは、かなりの人が一度は見たことがあるんじゃないかと思います。こんなやつです↓

ありとあらゆるお店に出向き、これを貼ってもらうようお願いします。3件で1000円分の割引になるそうです。ということは、129万をただにするには・・・

1290000÷1000×3=3870枚

かなり大変ですね^^;

はじめの2回はポスター貼りの先輩が一緒についてくれて、ポスター貼りのノウハウを教えてくれるそうです。しかもその時に先輩がさばいた分のポスターは、自分の成果にカウントされるとのことです。ちょっとこうした営業めいたものに苦手意識があっても、一から自分でやれという環境でないのはうれしいですね。といっても自分はやりたくありませんが・・・。

聞いてみると、得意な人は、一日をポスター貼りに費やして2万円分くらいの割引を獲得するようです。ちなみに苦手な人でも、一日で1万円分くらいはいけるとのこと。ほんとかな?と思って理由を聞くと、ポスター貼りは新規で貼るというより、古くなったポスターを貼り変えるのが多いからだそうです。もうすでに貼ってあるところであれば、一度受け入れてくれているところなので少し難易度が下がりますよね。なので、相手側も事情を知っている?のかあーまたピースボートね、みたいな対応のところもあるそうです。なるほど。

2-2 内勤

日本各地にある、ピースボートセンターというところで内勤作業をすることでも、割引が発生します。こちらは時給換算で、時給1000円相当の割引が得られます。ボランティアという名目なのでシフト制ではなく、かなりゆうづうの効く勤め方ができるとおっしゃっていました。

内勤の内容は、ピースボートスタッフの作業の簡単なお手伝いだそうで、ポスターの準備だとか、資料請求の書類をまとめたりだとか。きまった作業というより、その場その場でスタッフが手伝ってもらいたい事を指示するそうです。対価を旅行費割引という形で得る時給1000円のアルバイトですね。

内勤のメリットとしては、割引以外にも同じような志の人がいるので、実際ボランティアを経て船旅に参加するとなったときに、はじめから知り合い、仲間がいる状態でスタートできることを挙げていました。といっても船内で仲良くなるイベントもあったりして、はじめに知り合いがいるかいないかはそこまで重要じゃないとのこと。担当の方は内勤よりポスター貼りを推していました。

2-3 募金活動

最後は募金活動です。毎週1回、駅前で(地雷廃絶の)の募金活動をするそうで、それに参加すると割引が得られるそうです。これについては時給?などの詳細を聞きそびれてしまい細かいことがわかりません・・・申し訳ないです。

2-4 ホームページに詳細がのっていました。

参考までに。

ボランティアスタッフのお仕事

  • ピースボート活動を広めるための宣伝活動
    ポスター貼り、ポスターの準備、各種説明会の補佐など
  • ピースボートセンターでの事務作業
    資料の発送、データ入力、電話対応
  • クルーズでの船内運営の準備
    船に乗せる機材や物品の準備、船内で発行する「新聞」の準備など
  • イベント企画
    国内で行う水先案内人による講演などをはじめとするイベントの準備、運営
  • 寄港地に向けての取り組み
    クルーズで訪れる土地で行う国際交流プログラムの準備など
  • プロジェクト・キャンペーンの運営活動
    地雷廃絶、パレスチナ難民支援、災害支援、アドボカシー活動など
  • 技術や専門知識を活かした活動
    通訳、翻訳、ホームページ作成など
  •                   (ピースボートーホームページ

3.ボランティアには参加しないと決めた理由

私は話を聞いてボランティアには参加しないと決めました。理由は2つあります。

3-1 世界一周船旅の参加は確定じゃない

ボランティアは船旅に参加するのであれば労働分の成果が一応得られますが、もし気が変わったりして途中でやっぱり違うツアーを利用するとか、一人でバックパッカーするとかに変わった場合、注いだ時間がどこか彼方へ行ってしまいます。

絶対にピースボートのツアーで世界一周するんだ、と心に決めている人はよいかもしれません。

3-2 結局ボランティアという名のアルバイト

結局は旅行費をアルバイトで稼いでいるのと変わらないと感じました。それならば、あえてピースボートのボランティアにするメリットは自分は強くは感じませんでした。有給インターンとか、将来の夢につながる経験ができるアルバイトとか、そういったことで稼ぐ方が有意義かなあなんて思いました。時給でみても東京だとかなりいいバイトたくさんありますしね。

内勤のところで書いたように、同じ目標を持つ仲間ができる、というのはピースボートボランティアのメリットに挙げられます。またその活動を通して、後に引けないと自分を追い込んで、絶対に参加するという意識を強めたりできるかもしれませんね。あとは、強制的に稼いだ分が旅行費になるシステムなので、無駄遣いがなくなるのも利点ですね。普通にアルバイトとかしていると、ついつい余計なものを買ってしまいなかなかお金がたまらないこともあると思うので笑
社会人の方には、本職に+して稼ぐ手段として有用ですね。

あれ、けっこうメリットありますね。

4.まとめ

ピースボートの船旅はボランティアで無料になる、という話ですが、それ相応の時間を費やす必要があり、アルバイトをして稼ぐのと変わらない印象を受けました。

ボランティアはそういう印象でしたが、世界一周船旅自体はとても魅力的に感じていて、「一人で行くととても費用がかさむようなところが寄港地に含まれていて価格がお得」ということだけでなく、青年海外協力隊などのなかなか普段の生活で出会えないようなバックグラウンドの人との出会いがたくさんあったりするのがよいなと感じました。また、体験者の話で、自分の興味の幅がとても広がる、とおっしゃっていたのがとても印象に残っていて、一度体験してみたいと思っています。

ボランティア説明会は、基本はピースボートの船旅はこんなに楽しいよ!というプレゼンですが、その後に来場者一人ひとりにスタッフが一人ずつ付いて、細かいお話や質問をする機会があります。ですので、少しでも興味がある人は一度参加してみることをお勧めします!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)