予定がないといけない病について患者視点で考えてみた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生になってから非常にストレスになっていたことがひとつあります。それが、「え、予定ないの?さびしい人だね。ふふっ」という、何だかわからんが週末に予定がないことを悪とする風潮です。大学1年生から2年生にかけてだいぶ苦しめられたので、どうしてそういった風潮があるのか、どう立ち向かえばいいのかといったことを自身の経験から考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

1.予定がないといけない病。症状について

まずは簡単に症状を説明します。想定される患者は、周囲の人間に「週末、休日に予定がないこと=人生が充実していない」という短絡的な見方をされ、それにより週末に何もしていなくても人前では「今週は~したよ」とうそをついたり、本当は家で一日寝て過ごしていたくても、予定がないと思われたくないから無理に予定をつくったりするといったような行動が見られる人のことをさします。その予定もできることなら友人などとの予定が良くて、一人で何かする予定はないよりはましですがよくはないです。

この症状はツイッター、フェイスブックといったSNSを通して悪化します
暇になるとSNSを開き、友人の動向をチェック。あ、A子は今彼氏とランチにいってるんだ。それに比べて私は家でカップラーメン食べながらツイッターなんか見て・・・。そうやって予定がたくさんある(=充実している)人を見て、それに比べて予定が少ない(=充実していない)自分と自然と比較してしまい、劣等感を抱き、その劣等感を払拭する方法として、予定を詰めることを考えます。このとき、なにかしらの予定をつくることが目的となるため、その予定が心から望んだものでなくてもよくなります。なんだか本末転倒ですね。

そうして他人から「予定がある=充実している」という価値観を吹き込まれ、SNSなどで自分の中からもその価値観を増長させ、しまいには自分が他人にその価値観を吹き込む側となる、という悪循環が生まれているような気がします。

2.原因はどこにあるのか

どうして無理に予定を作ろうとするのかは、他人に予定がないと思われたくないからで、そう思うのは、予定がないこと=人生充実していないという価値観に染まっているからです。

自分ははじめはそんなふうに考えてはいませんでした。きっかけは周囲の人間の一言です。

「週末は何するの~?」
「うーん、特に予定もないし家で本でも読んでようかな」
「うわ、なにそれwさびしすぎるでしょw」

きちんと自分で、あいつはそういうけど別に自分でいいと思ってるんだからいいや、と思えるくらいしっかりしていればいいのですが、当時ふにゃふにゃだった自分はもろに影響を受けてしまいました。

同時期にツイッターをはじめていたため、症状は(あまりツイートはしないが暇さえあれば他人のつぶやきをチェックする)隠れツイ廃という形であらわれました。あまりつぶやかなかったのには理由が2つあります。ひとつは単純に、がんばってもあんまり予定ができなかった(悲しい・・)ことです。2つは、はじめて数ヶ月してから本当にリアルが充実している人はあまりツイッターに現れないということに気がつき、イッターをやってるけどあまりつぶやかないことで、つぶやく暇もないほど忙しくて予定がつまっていることを周囲に無言でアピールできると考えたからです。しかしきっちり一日の時間のたくさんを使って他人のつぶやきをチェックしています。笑えますね。

こうなってしまったのには、自分なりの考え方やしっかりした価値観が出来上がっていなかったことが原因だと思っています。そういったものがないと、価値基準は周囲の人がどう思うか、という点になってしまいがちです。その時、周囲の人が上述のような価値観の人だと、自分も影響を受けて染まってしまいます。周囲に振り回されて生きるのはつらいです。

3.どうすればよいか

自分は自分、他人は他人と思うことができればいいのですが、あたまではわかっていても心がそうならないことはよくありますよね。

自分は思い切ってツイッターをやめ、かつ比較できないように他人とのかかわりを減らしてみることである程度直りました。その間に、一人でいろいろと行動してみます。一人で牛丼屋にいったり公園にいったり、博物館いったり。そうすると、同じように一人行動をしている人がたくさんいることに気がつきます。すると、別に一人であることが変なことでないと実感できます。さらに一人の時間を増やすと自分のことを考える時間が増えます。その中で、今苦しい原因はなんだろうとか自分で考えていくことができます。

一人でいることに抵抗がなくなった時点で以前に比べて度胸がついています。すると以前に比べて人にどう思われても気にしない、って少しは思えるようになってると思います。

・・といっても完治はしていなくて、人前でぜんぜん予定がないことを言うのにはまだ抵抗を感じますがorz

4.まとめ

予定がないといけない病の原因は

①「予定がない=人生充実していない」という価値観が正しいと思い込んでしまっていること

②人の目を気にしすぎ

の2つで、その解決策として

①人と比較しないよう心がける

②人と比較しにくいような環境をつくる(SNSをやめる、人づきあいを減らす)

③一人行動を増やしてみる

をあげてみました。これが正しいかどうかはわかりませんが、実際自分は変わることができたので参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)