寝ている時間を有効活用! 朝バイトのススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝バイトは、朝5時や6時から3~4時間程度のバイトです。

学生の多くは1限があるとか出ない限り寝ているんじゃないでしょうか?

朝バイトはこの時間にお金をかせいで時間を有効活用できます!

自分はセブンイレブンの朝バイトを2年間やってきましたので、その経験をもとに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

 朝バイトをしてよかったこと

いやでも朝早くおきるので、一日がとっても長い!

朝起きられないときって、一度目覚ましで起こされてそこから二度寝をはじめてしまうパターンが多くないでしょうか?

そこでもう一度寝てしまうのは、予定の時間までまだ寝ることが可能だからですよね。

朝バイトを始めると、朝の6時から予定が入るために起きられます。というより起きなければいけません!

早起きすると一日がとても長く感じて、いろいろなことができます。

それに自分は夜よりも朝や日中のほうがだらだらせずにられるので、

「夜が長い」より、「朝が早い」ほうが一日の活動効率を上げられます。

夕方の時間がまるまる自由に。掛け持ちもできる!

朝にバイトをしてしまえば、夕方はまるまる空きます。

夕方にバイトをすると、一日で自由に使える時間って少ないですが、夕方があくといろいろなことに時間が使えますよね。

もちろん夕方にバイトをしてもっと稼ぐこともできますし、夕方にたくさんシフトに入っていた人は朝バイトも始めれば夕方のシフトを減らすこともできます。

業務がほかの時間帯に比べて楽かもしれない!

自分はコンビニのバイトでした。

日勤や夕勤は品だしがあるのですが、朝の時間帯は基本レジとでフェイスアップ程度しかしなくてよかったので、他の時間帯に比べ業務が楽でした。

また、朝はお客さんがとてもたくさんくるので、ちょっと暇になって出てくる退屈な時間が少なく、時間が過ぎるのも早かったのはよかったです。

ただお店ごとに違うかもしれませんが・・・。

おしゃべり不足解消

結構大きいのがこの要素です。

夏休みなどで人とあまりあわなくなる日が続いたりすると、口がさびしくなります。

朝バイトしていると、だいたいずっと声を発していますし、お客さんとのちょっとした会話が楽しかったりします。

またこの時間は社員さんがいないことが多いので、バイト同士でおしゃべりも結構できます。

思いがけない朝バイトの罠

メリットにあげた、一日が長い、有効に使えるという点に関しては実は人それぞれだったりします。

夜ふかしをしてしまうと睡眠不足で朝バイト後に非常に眠くなり、講義があれば講義中にうとうとしたり、授業が午後からだったりすれば昼寝をしてしまったりして(時々講義を寝過ごしたり・・・)、結局活動時間が変わらなかったりします。

自分は朝バイトを週5で入っていた時期は、生活リズムが規則正しくなるかと思いきやむしろ崩れてしまいました。

具体的には、夜中1時就寝、5時起床。バイト終わって2、3時間昼寝みたいに、睡眠時間を夜と朝で分割してとるようなサイクルになりました。

夜12時前にきちんと寝ることのできる、自制心のある人には朝バイトはぴったりですが、ちょっと自分に甘い人は気をつけたほうが良いかもしれません笑

あと、冬の朝はめちゃくちゃ寒いということも最後に伝えておきます・・・。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)